オーガニック・無添加・食品のお店

『人間の実相』というのをご存知でしょうか?ロシアの文豪トルストイもお釈迦様のお話に感嘆しました。

『足るを知る者は富む』


画像参照『お釈迦様が本当に教えたかっったこと

『人間の実相』という言葉をご存知でしょうか?

お釈迦様の寓話でこのようなお話があります。

引用元サイト

背後に迫る無常の虎(仏説譬喩経の説法)

今から幾億年という昔である。
草の生い茂った果てしない昿野を、淋しい秋の夕暮れに、
トボトボ歩く一人の旅人があった。
出稼ぎの帰りだろうか、稼いだものを背負って、
妻子の待つ家へと急いでいた。
ふと旅人は、薄暗い野道に、点々と散らばる白い物が目に止まった。
はじめは気にも止めなかったが、だんだん多くなる。
「いったい何だろう」と拾い上げて驚いた。
人間の白骨ではないか。
墓場でも火葬場でもない所に、なぜ白骨がたくさんあるのか。
不気味に思って、歩けなくなったのである。

間もなく旅人は、前方から異様なうなり声と足音を聞いた。
凝視すると、飢えに狂った獰猛な大虎が、
まっしぐらに向かってくるではないか。
瞬時に旅人は、白骨の意味を知った。
「自分と同じように旅していた者が、あの虎に食い殺された残骸か!」
と思うが早いか、無我夢中で、もと来た道を戻ったのはいうまでもない。
しかし所詮は、虎と人間の競争である。
猛虎の吐く息をすぐ後ろに感じ、
「もうダメか!」と思ったとき、
どう間違えたか、断崖絶壁の頂上にたどり着いたのだ。

●九死に一生を得る。
「しまった!」と叫んだが、どうにもならない。
断崖には松の木が生えていたが、
虎は木登りが上手いので、登っても無駄である。
気が動転した旅人は、意味もなく辺りをうろついていたが、
木から藤蔓が垂れ下がっているのに気がついた。
それを伝ってスルスルと降りたのと、
虎が断崖へ走り寄ったのとは同時であった。
まさに九死に一生を得た旅人は、大きく安堵して見上げると、
せっかくの獲物をあと一歩で逃した虎が、
無念そうに吠えながら見下ろしている。
「やれやれ、この藤蔓のおかげで助かった。」
と足下に目を転じたときである。

旅人はあっ!と叫んで硬直した。
宙吊りの下には、怒濤逆巻く深海が絶壁を洗い、
白い波が牙をむいている。
さらに波間から三匹の毒龍が、
赤い焔(ほのお)を吐きながら旅人が落ちるのを
待ちかまえているではないか。
恐怖のあまり、旅人は震えが止まらず、
藤蔓をしっかり握り直さずにはいられなかった。

ところが、人間の感情は続かないものである。
大学合格や結婚できた喜びも、瞬く間に薄らいでいく。
子供を失ったり家を焼いてしまった悲しみも、だんだん癒される。
「藤蔓に捕まっていさえすれば大丈夫だ」
と思った旅人は、やがて落ち着いてきた。

すると空腹なのに気がついた。
周囲に食を求めて眺めると、旅人は、
虎や深海や龍よりももっと恐ろしい光景を目のあたりにする。
藤蔓の元に白と黒のねずみが現れ、
命の綱である藤蔓を交互にガリガリとかじっているではないか。
顔面蒼白、歯はガタガタ鳴る旅人は、
何とかネズミを追い払おうとして藤蔓を揺さぶったが、
ネズミは一向に逃げようとせず、かじり続けている。
ただ、藤蔓を揺さぶるたびに、ポタポタと落ちてくるものがあった。
手にとると、上質のハチミツではないか。
松の木に蜂の巣があるので、蜜が落ちてきたのである。
それを一口なめた旅人は、
もともとの空腹なところへごちそうを与えられ、
陶然と蜂蜜に心を奪われてしまったのである。
そして、虎も深海もネズミのこともすべて忘れ、
「もっと蜂蜜をなめたい」
という心だけで、
藤蔓を揺さぶるようになったのだ。

————————————–

「お釈迦さま、その話はもうおやめください!」
これまで静かに聞いていた勝光王という王様が、手をあげて遮りました。
「その旅人は、なんと愚かなんでしょう。
この先どうなるかと思うと、恐ろしくて聞いておれません。」
すると釈尊は、
「王よ。この旅人とは、そなたのことなのだ。
いや、そなただけでなく、ここに集まっているすべての人であり、
全人類の姿である。」

と仰いました。

簡単にまとめますと

  • ○虎は『死』
  • ○白色と黒色のネズミは『昼と夜』つまり時間です。
  • ○蔦が『寿命』
  • ○3つの龍は『愚痴』『怒り』『欲』
  • ○蜂蜜は五欲の蜂蜜と呼ばれて『食欲』『財欲』『色欲』『名誉欲』『睡眠欲(楽をしたい欲も)』

となります。

これが人間なのだ。とお釈迦様はおっしゃっております。なんと2,500年前にです(笑)。人間ってその頃からなんも変わっていないんですね。

皆様が旅人の立場でしたら、どうしますか?どんな事を感じましたか?

私はこの物語を質問したことがあります。

ある人は『蜂蜜を舐めることがいけないことですか?』と言いました。

ある人は『蜂蜜を舐めるている暇はない。』と言いました。

ある人は『虎からなんとか逃げたいけど、追ってくるんやろ?蔦を少しでも強くしたいな。』

十人十色の答えがありました。

『死ぬ』ことは必ずやってくるものです。それをどう捉えるのか?

死ぬことは避けられないのに、私たちはなぜこの世に生まれてきたのでしょうか?何の為に生まれて 何をして生きるのでしょうか?なんらかしらの役割をもって生まれてきた』とロールパンナちゃんは言いました。そんな役割は人それぞれですが、蜂蜜食べて、『あま~い』と喜んでいるこんな状況に置かれている人間だからこそ『徳を高める』のが大切なのでは?と私は感じています。

河崎紘一郎

河崎紘一郎

味噌屋の息子で生まれました。

1983年11月生まれです。 大正3年(1914年)創業のマルカワみそという会社で味噌屋をしております。 木の桶で一年寝かした有機の味噌しか作らない全国でも個性的な味噌屋さんです。 いろんなお味噌の魅力や日常に起きている事をブログにしております。 コンセプトは『味噌作りの息吹を伝えたい』です。

趣味はマラソンやロードバイクの有酸素運動です。最近は将棋を嗜んでおります。棒銀が好きです。

月別

マルカワみそ オンラインショップはこちら