オーガニック・無添加・食品のお店

『たった一杯のみそ汁が日本の未来を変えていく』ある悲しいニュースを見て決意しました。

心も身体もお金も余裕がない状態で、どうやって人に優しくできるでしょうか?『衣食足りて礼節を知る』by管子

先日、心が非常に痛むニュースがありました。5歳の幼い子供の命が亡くなりました。私はこのニュースを見た時に、最初、吐き気がしました。次に涙がでてしまいました。親の立場として、子供の事を想うと胸が張り裂けそうでした。私は非常に悲しいです。

目をそむけたくなりました。けど、『この出来事に向き合いたい』『逃げちゃだめだ』と感じました。

私は親御さんを責めるつもりはありません。近隣の方々や児童相談所の方がいけないという事もありません。最近は、世間が人を裁く事のような事がたくさんありますが、私は人を裁く権利は何人たりとも無いと考えています。亡くなられた子供様にはご冥福をお祈り申し上げます。天国で見ていてください。私もそっち側にいきましたら、温かい布団やお味噌汁を持っていきます。
あらゆる問題行動は不幸感』からと言われます。『貧すれば鈍する』という言葉もあるように、心にも、身体にも余裕がない状態では人に優しくなんかできません。過去に虐待の経験がある方は虐待を繰り返すという事例もあります。愛されていない方は人を愛せない事もあります。心に余裕がないのですから。満たされていない状態で、他人を満たすことはできないと私は捉えています。

どうしたらいいのかな。そんな事を考えました。『心を満たすことはお味噌汁だ!』そんな事を感じました。

『お味噌の温かさは心の温かさ』である。そんな事を一人でも多くの方に伝えたい。

他人をコントロールする事はできませんが、自分にコントロール出来ることがあります。それは、お味噌を作ってご提供出来ることです。

温かいお味噌汁があると、ご家庭や、人の心も温かくなると私は信じています

そんな食卓で食事をいただけたら、満たされて他人にも優しくなれます。他人に優しくできたら、学校や職場でもいじめ、差別などが無くなるはずです。職場や学校が良くなったら、地域社会がよくなります。地域社会が良くなったら、日本が良くなります。日本が良くなったら、世界が良くなります。世界が良くなったら、未来がよくなります。たった、一杯のお味噌汁には無限の可能性があります

お母さんが笑っていると、子供も笑っているよ。』うちの従業員さんから教えてもらいました。『お味噌の温かさは心の温かさ』という信条の私には感動しました。いい言葉ですね。ありがとうございます。

家庭の食卓が豊かさだと必ず人生も豊かになります。家庭の食卓は別に豪華な食材でなくてもいいのです。御飯とお味噌汁だけでも十分なのです。愛情があったら、みんな幸せになります。

一人でも御縁のある御方に『お味噌汁の温かさが、心の温かさになるんだよ。』そんな事をお伝えしたい。そう感じました。

そのためにも、小さくて、弱い自分だからこそ、まずは、自分磨き、徳を積むことからはじめていこうと決意。実践と行動が大事です。

河崎紘一郎

河崎紘一郎

味噌屋の息子で生まれました。

1983年11月生まれです。 大正3年(1914年)創業のマルカワみそという会社で味噌屋をしております。 木の桶で一年寝かした有機の味噌しか作らない全国でも個性的な味噌屋さんです。 いろんなお味噌の魅力や日常に起きている事をブログにしております。 コンセプトは『味噌作りの息吹を伝えたい』です。

趣味はマラソンやロードバイクの有酸素運動です。最近は将棋を嗜んでおります。棒銀が好きです。

月別

マルカワみそ オンラインショップはこちら