タガが外れる!

 

桶は長い間使うと、桶の耐用の前に竹のたがが緩んで外れていきます。 
(桶は100年くらい持ちますが、タガは20~30年年でガタがきます。)
 これは仕方が無いこと…、30年前の職人さん作ってくれて有難うございました。

  ここで、竹のタガの魅力をご紹介!!!
 マリリンモンローくらいのフェロモンと魅力たっぷりでございます(笑)
 世界中どこのサイト探しても、なかなか大桶のタガの写真は見られることはないと思います。
 大桶の写真はあまりないな~といつも思っています。
珍しい写真たち…。 
e382a4e383b3e382bfe383bce3838de38383e38388e794a8e38080e794bbe5838f-0941
  桶のタガが緩むと中央にすきまが

 タガが緩むとことわざにありますが、
 緩んでいくと、隙間ができてしまいますね。
 
締まっているタガはこんな感じです。

締まっているタガはこんな感じです。

 がっちりした感じですね。締まっているとこんな感じです。ちなみにこれと
上の写真はタガの裏側です。
 

タガを見上げてとりました。

タガを見上げてとりました。

 竹の成長が伸びきったときの竹を切り取って、分割した2本の竹をしゅるしゅると
編んだだけで、こんなものができてしまうのですよ!
 すごい技術だなと思いました。ありえなくないですか?
 

この曲線美!!!たまんね~。

この曲線美!!!たまんね~。

 写真の光の加減で暗いですが、この曲線美!巧みの技です!!!
 編みながらのこの芸術はセイントセイヤのネビュラチェーン並です!!!!!!
 アンドロメダ瞬もびっくりです。
 

桶職人の風景

桶職人の風景

 こんな感じで昔は桶職人が酒屋の蔵元に新しいタガを担いで
 仕事をしに行ったらしい。
 颯爽として、粋でかっこよかったに違いない…。
 
 もう、竹のタガを作られる職人さんはほとんどいない…。
 大桶を作られる方も多くない…。

 しかも、桶は手入れを怠るとすぐ痛んでしまいます。
 やり方もまだ、分からないところや、見よう見まね、試行錯誤です。
 実際、正直の話し、桶やタガを作る技術はすごいと思う。神業だと思う。
 日本の国では杉の木には神様が宿ると信じられていて、御神木に杉の木が使われていた
 とのこと…。じゃあ、その神木で桶を作る職人さんたちは、神様クラスだなと思った。

 

うちの弟

うちの弟

 ………うちの板長も担いでみたいといったので、担いでみました。
 桶みたいに腰パンするぜ!!といって、腰パンしているポーズ。
 ちょっとおすましで、かっこつけてますね(笑)
 ……はよ 仕事せーや!!!!!!!
 


マルカワみそ

河崎紘一郎

味噌屋の息子で生まれました。

1983年11月生まれです。 大正3年(1914年)創業のマルカワみそという会社で味噌屋をしております。 木の桶で一年寝かした有機の味噌しか作らない全国でも個性的な味噌屋さんです。 いろんなお味噌の魅力や日常に起きている事をブログにしております。 コンセプトは『味噌作りの息吹を伝えたい』です。

趣味はマラソンです。ヒマがあると走っています。 最近は将棋にも目覚めました。好きな駒は『角』さんです。

月別