オーガニック・無添加・食品のお店

有機玄米麹を作るために…。

昨日、弊社の有機玄米麹を
作るために精米作業をした。

玄米麹にするためには、
糠を残しておかなければならないが、
糠が多すぎても、
麹になりにくい。

非常にバランスというか、
按配が大切になってきます。

有機玄米

有機玄米

有機の玄米です。
秋田県の大潟村で取れたお米です。

精白後の写真

精白後の写真

精白後は米の質が落ちやすいため、
その日のうちにお米を浸漬(しんせき→水につけること)した。

気温が高いし、お米に糠が付くとお米は痛みやすい。

鮮度管理も含め、お米は大事にしていきたい。
もうしばらくすると、麹のシーズン…。

繁忙期がもうすぐ近づいてくる…。

この記事に関連するかもしれない記事

河崎紘一郎

河崎紘一郎 1983年11月生まれです。 大正3年(1914年)創業のマルカワみそという会社で味噌屋をしておりました。(2018年11月30日退社。) 木の桶で一年寝かした有機の味噌しか作らない全国でも個性的な味噌屋さんです。 いろんなお味噌の魅力や日常に起きている事をブログにしております。 コンセプトは『味噌作りの息吹を伝えたい』です。

月別

マルカワみそ オンラインショップはこちら