オーガニック・無添加・食品のお店

桶の修理、底板の漏れを直しました。

 昨日、桶の修理をした。

次に使う桶が、底辺の部分から漏れがあったので、
それを直した。

ビジネス七つ道具

ビジネス七つ道具

 桶の修理のために、必要な道具があります。
 左なら、ナタ、のこぎり、ミノ、キリ、木材、写真にないのですけど、小刀、トンカチ、
などが必用です。
 これらを味噌業界では、「盗賊の七つ道具」と呼ぶらしいです…。
 …っておい!
 と思わずノリツッコミ…。
 そんなことカードゲームの「遊戯王」ではないので言いません。
 

木材をのこぎりでカット!!

木材をのこぎりでカット!!

 木材をのこぎりなどで写真のようにカットしていきます。

 後はひたすら円錐状に小刀などで仕上げていきます。
 小学校の時に、鉛筆削りの代わりに小刀で削る要領ですね。

できた!!!!!

できた!!!!!

 地道にコツコツと削り、できました。
 これを桶の底漏れしている部分に打ち込みます。
 会心の一撃ですと、一つの杭でとまります。
 しかし、漏れの状態にて、杭を何回も打ち込まないといけません。
 会長に杭を見てもらうと、
「もう少し、小さく、細くしなあかんなぁ~」
 とのこと、
 うーん、厳しいコメント、有難うございます。
 地道に一生懸命やっても、報われないときもあるのだなと
 もう一度、やり直した。
 そして、あとはひたすら作成するのみ…。 

漏れの場所に一撃ドカン!!!

漏れの場所に一撃ドカン!!!

 

何個も打ち込むときもあります。

何個も打ち込むときもあります。

 会長の言ったように、少し大きめの杭は、底板の奥まで入れることができませんでした。
 しかし、これで、バランスよく打ち込んでいけば何とか漏れはとまると思います。 
 小さく、細い、かつシャープな杭を作るのも手間と時間がかかりますし、やはり、技術が必要だなと
 感じました。
 しかも、桶の仕事をすると、桶の木の破片が手に刺さったりしてしまいます。
 桶職人の上芝さんの手がゴツい所以が身体で分かりました。
 ゴツい手は男の勲章だなと思いました。
 それだけ、頑張って、努力したからこそできるのだなと思いました。
 自分も男の勲章をなにか身に付きたいものだ…。

河崎紘一郎

河崎紘一郎 1983年11月生まれです。 大正3年(1914年)創業のマルカワみそという会社で味噌屋をしておりました。(2018年11月30日退社。) 木の桶で一年寝かした有機の味噌しか作らない全国でも個性的な味噌屋さんです。 いろんなお味噌の魅力や日常に起きている事をブログにしております。 コンセプトは『味噌作りの息吹を伝えたい』です。

月別

マルカワみそ オンラインショップはこちら