オーガニック・無添加・食品のお店

味噌汁は毎日食べても飽きが来ないのか?根拠をまとめてみた

ご飯とみそ汁は毎日食べても飽きがこない代名詞
としてよく挙げられる。

その理由を味噌の観点からまとめてみた。

味噌は飽きがこない食べ物なのか?

味噌汁は毎日飲んでも飽きない理由は
結論からいうと3つでてきた。

◆味噌の種類が豊富。

◆具材のバリエーションが豊富

◆一般的に日本人は味噌汁がすき

なかでも2番目の具材ことが個人的に強いのではと感じた。

味噌は種類が非常に豊富

麦みそ画像

味噌の種類は
原料で分類しても
米味噌、麦みそ、豆味噌、そして、それらを合わせた調合味噌。

色で分類しても、
赤色、淡色、白色と分類される。

味で分類しても、
甘口、甘味噌、辛口味噌と分類される。

また、作り方も地方によって、
大きく違いがあるのも特徴。

味噌汁の具が多種多様に組み合わせられること

味噌汁の具材は
肉、魚、野菜など幅広い。

季節で取れたもの、地元でとれたもの、
味噌汁に浮くもの、沈むもの、動物性のもの、植物性のものなどなど…。
相対的になるものも具として取り組みやすいので、献立のバリエーション、見た目、味、香りの面でも毎日飲んでも楽しめる。

そして、各々の具材を一緒に入れても
ケンカすることなく非常によくまとまる。

冷蔵庫の余りもの同士でも
味噌汁にすれば、たいていは上手くいく

こんな素晴らしい料理は
他の国の調味料(ケチャップなど)ではできない。

卓上調味はできても、
加熱調味や具材を活かす繊細な
味付けは不可能ですよね。

味噌か醤油の発酵文化のみの特徴。

味噌そのものも変化している

味噌は生きている『生みそ』ならば、
毎日発酵している。

味噌は毎日発酵する

そのため、味噌が毎日風味と香りが微妙に変化する。

日本人や和食の繊細な奥行きのある味覚を育ててきたのも、
こういった味噌のお陰かもしれない。

日本人は一般的に味噌が好きな為

みそ健康つくり委員会がネット調査で
『味噌汁は好きですか?』 というアンケートを調査。

71,3%の方が『味噌汁は好きだ』
24,7%の方が『どちらかといえば好きだ』
と回答。
合計96%の方が好きな分類に入る。

言われてみると
味噌汁が嫌いで嫌いで仕方がない人に
今まで出会ったことはない(笑)

まとめ 味噌は日本人大好きな食べ物である

味噌のことをまとめてみると、
味噌は日本の食文化に非常になじんだものなのだなと
実感。

健康食品として、調味料として、
食べ物として意外と知られていない
味噌や発酵食品。

もう少しこのようなことが
評価されてもいいですね。

米蒸しに3年はかかる。豆の炊きは5年。仕込みは一生かかる、

味噌を作ることを仕事としているが、
こんなお味噌が改めて大好きになった。

米蒸しに3年。豆の炊きに5年。味噌の仕込みに一生かかるとは
よくいったものだ。

河崎紘一郎

河崎紘一郎 1983年11月生まれです。 大正3年(1914年)創業のマルカワみそという会社で味噌屋をしておりました。(2018年11月30日退社。) 木の桶で一年寝かした有機の味噌しか作らない全国でも個性的な味噌屋さんです。 いろんなお味噌の魅力や日常に起きている事をブログにしております。 コンセプトは『味噌作りの息吹を伝えたい』です。

月別

マルカワみそ オンラインショップはこちら