オーガニック・無添加・食品のお店

味噌からダシたれを作る味噌鍋の作り方は簡単

みそ鍋は料理をする手間がかからず簡単

味噌鍋の具材

冬の寒い時期は鍋料理が体を温めて
いいですね。

野菜の余ったものや
冷蔵庫に使わないものも入れても
問題ありませんね。

鍋はキムチ鍋や海鮮鍋、寄せなべ、
水炊きといろんな種類がありますが、
味噌をベースとした
みそ鍋も美味しくてお勧めですね。

味噌鍋の準備する具材

にら、白菜、もやし、えのき、しめじ、
油揚げ、など野菜を中心に
用意しましょう。

基本的に我が家で
やる時は、冷蔵庫の余り物を
『これでもか』というくらい使います。

味噌鍋のたれの準備物(2人前の土鍋用)

味噌 40グラム
水 400cc
醤油 ひとさじ
ごま油 ひとさじ
一味唐辛子 少々

味噌鍋はスープの作り方が大切。味噌は10倍希釈がポイント

味噌汁などの『汁もの』に使う味噌は
原理原則があります。

それは
『味噌は10倍希釈が一番美味しい』
ということです。

味噌を10グラム使ったら、
水は100グラム使うと言うことですね。

これは『テスト』によく出ますので、
覚えておきましょう(笑)

味噌を溶かしていく

このように、味噌鍋などの汁もの料理は
味噌を10倍希釈で薄めていけば、
たいていは問題ありません。

また、味の濃いや薄いなどの好みは
個人差がありますので、
10倍に薄めたあとさじ加減をしていきましょう。

味噌の味にお醤油とごま油をひとさじ入れましょう。

醤油と胡麻のいい香りがしますね。

味噌なべの香りをつけるための『ごま油』

また、お醤油はうっすらとした
隠し味になりますね。

味噌鍋のたれの隠し味はお醤油

味噌鍋の辛さは一味唐辛子で辛さをだす

味噌鍋のからさは七味でだす

一味をお好みで足して
味噌たれの完成です。

前日に昆布などをつけておき、
『だし』を取る時もありますが、
自由奔放のO型の河崎紘一郎くんの
料理はしませんでした(笑)

味噌鍋を味噌のたれをいれて煮込んでいく

味噌鍋を加熱していきます

味噌鍋を煮込んでいきましょう。

毎度おなじみ、キッチンスタジオです。

味噌鍋は体が温まり美味しい

味噌鍋に使うたれは
少し鍋の8分目までで十分です。

野菜の水分などが
染み出て量が多くなります。

味噌鍋できました

美味しい味噌鍋は
食べると体が温まりますね。

河崎紘一郎

河崎紘一郎

味噌屋の息子で生まれました。

1983年11月生まれです。 大正3年(1914年)創業のマルカワみそという会社で味噌屋をしております。 木の桶で一年寝かした有機の味噌しか作らない全国でも個性的な味噌屋さんです。 いろんなお味噌の魅力や日常に起きている事をブログにしております。 コンセプトは『味噌作りの息吹を伝えたい』です。

趣味はマラソンやロードバイクの有酸素運動です。最近は将棋を嗜んでおります。棒銀が好きです。

月別

マルカワみそ オンラインショップはこちら