オーガニック・無添加・食品のお店

国産有機大麦の精白  麦との会話への道のり…。

国産の有機大麦。銘柄はシュンライ
国産の有機大麦。銘柄はシュンライ

 今日も、麦の精白を行なった。

 いつも、群馬で取れる大麦は
 殻が固い。
 非常に固いので、
 精麦作業が長めの時間必要だ。

 あまりにも固いので、
 麦にATフィールドがあるのかな?
 と思った。
 

精白前の大麦。

精白前の大麦。

 少しピントがあわなかったのですが、
 精白前の大麦です。

 

精白後の大麦。

精白後の大麦。

 精白後の大麦です。
 約3割、イチローの打率くらい削られます。

 100グラムだったら、30グラム。
 100キロだったら、30キロ 麸(ふすま→もみがら)
 が出ます。

 これは石川県で有機の合鴨農法をされている方の
 鴨のエサに使用され、循環されていきます。

 一物全体の考えといっても、
 麦だけは、製麹(麹にすること)するとき
 にどうしても、精白しないと
 いい麹にならないですね。

 原料処理のここで失敗したら、
 後工程がいくらよくても、
 挽回ができないといつも思います。

 生産者様の思いと信念のバトンを
 断ち切らないためにも、
 いい麦になれよと
 今日も、麦くんたちと
 会話しながら、精白作業に
 勤しみました。

 感謝と素直な心で有機の味噌作り。 

この記事に関連するかもしれない記事

月別

マルカワみそ オンラインショップはこちら