オーガニック・無添加・食品のお店

木の桶の設置の仕方。

木の桶の上げ方

木の桶の上げ方

 仕込んだお味噌を木の桶に入れるときは、
 木の桶を持ち上げなければいけません。
 昔は、力持ちの大人が何人も集まり持ち上げていました。
 いまは、省力化、簡単化の時代です。

 そこで頼りになるのが、機械の力です。
 オレンジ色の運搬機はよく、魚河岸とかで、
 マグロを運搬している時に見かける機械と
 同じタイプのものです。

まず、持ち上げます。

まず、持ち上げます。

 すると…。
 

ここでとまります。

ここでとまります。

 この後は、フォークリフトを使います。
 

もちあがりました。

もちあがりました。

 この後は、相撲みたいに、桶を所定の位置まで人力で寄り切ります。
 最初は、大桶を動かすなんて無理!!と思いましたが、
 慣れると簡単です。
 コツは腕を使うのではなく、腰です。
 肉月に要と書いて腰です。

 

はっけよい!!

はっけよい!!

 桶と相撲を取っている時の写真です。
 底から持ち上げるのがミソです。
 

完成しました。

完成しました。

 できました。
 これで、仕込んだお味噌も桶に入れることが
 できますね。

河崎紘一郎

河崎紘一郎 1983年11月生まれです。 大正3年(1914年)創業のマルカワみそという会社で味噌屋をしておりました。(2018年11月30日退社。) 木の桶で一年寝かした有機の味噌しか作らない全国でも個性的な味噌屋さんです。 いろんなお味噌の魅力や日常に起きている事をブログにしております。 コンセプトは『味噌作りの息吹を伝えたい』です。

月別

マルカワみそ オンラインショップはこちら