オーガニック・無添加・食品のお店

伊豆大島の『海の精』製塩工場に見学に行きました。綺麗な太平洋の潮が『伝統海塩を作る』

伊豆大島に行ってきました。

01

浜松町のジェット船に揺られて到着しました。

そして、伊豆大島にある、『海の精』元町工場に見学に行ってきました。

意外と身近にあるけど、よく知らない『塩』

いったい『塩』が出来るまで、何をしているのだろう?

そんな思いを抱きながら、製塩工場に行ってまいりました。

02

海の精さんの工場はピカピカに磨かれていました。

03

5Sが行き届いております。

また、工場内も非常に勉強になる部分が多く、
マルカワ味噌の工場もいつか海の精さんのように
5Sが行き届くように努力しなければと思いました。

社長のよくいう言葉に
『綺麗な会社は大抵例外なく、儲かっているんだよ』

というのを思い出しました。

04

海の精さんは
精製塩などは一切作らず、
自然的な製法、伝統的製法にこだわっています。

塩はすべて、平釜で作っております。

大抵、立釜製法(真空式製法)などが
生産性やコストの面でいいのですが、
『平釜でしか出せない塩』があるということで
平釜で作っているそうです。

そして、伊豆大島の潮は非常に綺麗でした。

05

この汚染の少ない海水を
循環させて濃度をあげていきます。

試行錯誤をして塩を作っていったという歴史を
お聞きしました。

そんな立派な手塩に込めた塩を
粗末にすることなく、
愛情込めて味噌作りや三五八作りに励んでいきたいと
決意しました。

06

製塩工場見学後、『加工品から塩の摂取比率9割』という講演をお聞きしました。

高含塩の商品を作っている味噌屋として、
考えさせられる議題でした。

07

塩はいろんな書籍や情報 があるので、
勉強し直したい…。

人のご縁も広がり、
有意義な一日でした。


河崎紘一郎

味噌屋の息子で生まれました。

1983年11月生まれです。 大正3年(1914年)創業のマルカワみそという会社で味噌屋をしております。 木の桶で一年寝かした有機の味噌しか作らない全国でも個性的な味噌屋さんです。 いろんなお味噌の魅力や日常に起きている事をブログにしております。 コンセプトは『味噌作りの息吹を伝えたい』です。

趣味はマラソンです。ヒマがあると走っています。 最近はサイクリングもしています。TREKのMADONEが愛車です。

月別

マルカワみそ オンラインショップはこちら