秋月辰一郎著体質と食物

秋月辰一郎著『体質と食物』

長崎の医師『秋月辰一郎』氏が自分の身体と患者様を診て健康について感じたことが記されている本です。 お味噌の素晴らしさが書かれている本です。

  • 秋月辰一郎著体質と食物
    385 円

※税込み

今ご注文すると08/12に発送予定です。
送料について

合わせてよく買われる商品

商品概要
原材料

秋月辰一郎著『体質と食物』

秋月辰一郎氏は自分の食体験などから体質と食物の要は『味噌』であると唱えました。

健康、不健康の鍵は毎日のお味噌汁である

味噌の効能ブログ

みそには放射能物質を除去する効果があるといわれています。

   

1986年のチェルノブイリ原発事故があり、ヨーロッパの方々は放射能でばたつきました。

 

その後にはチェルノブイリやヨーロッパ諸国へのみその輸出が急増しました。

 

それまで、2トンくらいの輸出量が14トンにもなりました。びっくりですね。

 

科学的にも、陰陽のバランスにおいても、このことは証明されていました。

 みそにはジピコリン酸と言う物質が含まれており、放射能物質を吸着して排出する作用があります。

 

動物実験でも、放射性物質が速やかに排出され、筋組織への蓄積は少ないことが認められています。

  

また、陰陽のバランスにおいても、放射能は拡散する力を持っているため、陰性。

 

お味噌は陽性の食物なので、陰陽学においても、理想的なんですね。

 

ちなみに、ヨーロッパでお味噌の輸出量が増えたのには、秋月辰一郎先生というお医者様がレポートを書いたのも一因となっています。

 

長崎での爆心地の近くの病院で、お医者様をしていて、病院にいた医師や看護師さんたちは、原爆病に「豆腐とわかめの味噌汁」を飲んでいたためならなかったことのこと。 味噌の力は神秘的ですね。

 また、秋月辰一郎先生の書いた本「食物と体質」はお勧めの本。

 

60ページほどしかないが、読みやすく、分かりやすく、何回でも読めるし、何回読んでもためになる本。

 

費用対効果、時間対効果の非常に高い一冊!!

食と健康について興味がある方の入門編にぴったしです!