マルカワみそは、信頼できるショップとしてGoogleに選ばれた認定ショップです。
閉じる

法律により20歳未満の酒類の購入や飲酒は禁止されており、酒類の販売には年齢確認が義務付けられています。

アルコール度数
17%
原材料
契約栽培米(福島県産)

純米料理酒 蔵の素

アミノ酸の量を高めた飲んで美味しい高級純米料理酒

天然の20種類以上のアミノ酸、ビタミン、ミネラルを豊富に含んだ、寒仕込みの高級純米料理酒です。

  • 純米料理酒 蔵の素 720ml
    1,080 円

※税込み

今ご注文すると09/28に発送予定です。
送料について

合わせてよく買われる商品

アミノ酸の量を高めた飲んで美味しい高級純米料理酒

料理が非常に美味しくなる料理酒



飲んで美味しいお酒を使ってこそ、料理は美味しくなります。 市販の料理酒は、塩や醸造アルコール、糖類などを加えているものがほとんどで、とても飲むお酒としては適していません。「蔵の素」は飲むための酒造りに、さらに工夫をこらした醸造方法で醸され、料理酒としての効果を飛躍的に向上させました。プロの料理人をはじめ、料理好きの多くの人に愛用されている高級料理酒です。

なぜ、料理が美味しくなるのか?

アルコールは動物性、植物性の油脂類に溶け合うという作用と、タンパク質組織を柔らかくする作用があります。これは、アルコールが素材に染み込みやすく、素材の旨味や香り成分を引き出しながら、再びしみ出てくるという特製によるものです。この調理効果を最大限に発揮させるには、アルコール分が16度以上、アミノ酸量が多く、旨味成分の強いグルタミン酸、甘味成分のアラニン、アルギニンなどをバランス良く含む日本酒が最も適しているといえます。一般の料理酒はアルコール13~15度、アミノ酸総量は100ml中10~200mgに対し、「蔵の素」のアルコール分は17度、アミノ酸総量は100ml中600mg以上ですから、「蔵の素」の「味を引き出し、味に旨みを加える」調理効果の高さをお分かり頂けるでしょう。

蔵の素を作っている大和川酒造店について

大和川酒造店は、江戸時代中期の寛政二年(1790)創業以来220年、九代にわたって酒を造り続けてきました。飯豊(いいで)山の伏流水を仕込み水として使用し、早くから自社田や契約栽培農家で収穫された無農薬、減農薬無化学肥料の良質な酒造好適米を使い、数々の銘柄を生み出してきました。創業から続く伝統的な技術を重んじる一方、近代的な設備を用いた技術革新も積極的に行い、蔵の周りの豊かな喜多方の風土と米の本来の旨みと甘み、その米を育んだ水を酒の仕込水とし、なめらかでやさしくやわらかな『調和』のとれた味わいが一体となって表現されたものこそが大和川酒造店のお酒です。安心して美味しく食べられるお米と、飯豊山系の伏流水を原料として醸し出された逸品です。

料理酒の効果

調理で具材を火にかけるとき、料理酒を加えることで、肉や魚の生臭さを消して、風味を加えることができます。
和食に欠かせない煮物や煮魚を作るときには、ぜひ料理酒をお使いくださいませ。日持ち効果があるのも見逃せません。

放射能検査について

放射能検査も行っておりますが、0.55ベクレル/kg未満で「不検出」となっております。