マルカワみそは、信頼できるショップとしてGoogleに選ばれた認定ショップです。
閉じる

木桶のお手入れについて

木桶のお手入れについて

木桶は正しく使っていただければ、何十年とお使いいただけます。正しい使い方をして長くご使用いただけますと大変嬉しく思います。木桶は3kgから取り扱ってございます。もしよろしければコチラからお買い求めくださいませ。

木桶の仕様

木桶の仕様

本品は桶・樽材に適材となる吉野杉を使用しております。国産の厳選された素材でございます。漏れ防止のため、桶内部に渋柿(渋柿の実を絞ってとった液)を塗っております。固化するまで2~3ヶ月かかります。

そのため、拭いたときに布に薄く色がつくことがあります。お味噌の仕込みにはすぐお使いいただいて問題ございません。渋柿は古来より、酒造用桶内部に塗るもので、抗菌脱臭の目的で木のアクなどを抑えます。

木桶の使用前のお手入れについて

木桶の使用前のお手入れについて

お手入れのポイントとしては下記の通りです。

  • 洗ってから使用すること
  • 漬け置きしてはいけません
  • 化学洗剤を使ってはいけません

使用前には軽く水、またはお湯でさっと洗ってから使いましょう。水、お湯に長く(5分以上)漬け置きしますと、黒くなったり、竹の輪が切れることがありますのでご注意ください。また化学洗剤を使用すると変色しますので、絶対に使用しないでください。汚れが気になる場合は、さらし粉と亀の子たわし、またはナイロンパッドで洗ってください。

桶に巻いてある竹のタガは本物の京都の新竹を使っております。使用しているうちにヒゲが出てきます。そのヒゲが刺さる場合がありますのでご注意ください。ヒゲは亀の子たわしや歯ブラシでササッとこすりますと綺麗になります。素手で取ったり、擦る行為は避けてください。

使用中の保管について

使用中の保管について

桶は温度変化にデリケートな商品です。冷暖房があたる部屋での保管はお勧めいたしません。直射日光を避け、冷暗所での保管をお勧めいたします。家屋でしたら、漬物小屋や地下室、マンションなどでしたら、キッチンの流しの下など最適でございます。風通しの良い玄関でも構いません。

味噌の溜まり液について

味噌の溜まり液について

桶を長年使いますと、気候、湿度、そして浸透圧の関係上どうしても味噌の溜まり液がにじみ出る場合があります。にじみは周囲の湿度と反応して水滴となり、漏れているように見えます。その時は桶の下に受け皿を置いてください。

使用後のお手入れについて

使用後のお手入れについて

使用後の保管は水かお湯でさっと洗い、2~3日日陰で干した後、戸棚などの太陽が当たらない場所で保管してください。

白い結晶はアミノ酸の一種

白い結晶はアミノ酸の一種

桶を使い終えたときに、白い結晶(カビのようなもの)が桶の内部に付いていることがあります。それはチロシンといって、アミノ酸の一種ですので、味噌の品質・桶・人体には問題ございません。むしろ長期熟成の証であり、発酵が活発な証拠です。

味噌桶は毎年使うこと

味噌樽は毎年使う事

桶は使わない期間が長いと急激に傷みます。毎年使っていただくことをお勧めします。また毎年お使いいただけますと、菌が住み着き、お客様だけの味をお客様のためだけに醸してくれます。魂を込めて一つ一つ手作りで作らせていただいておりますので、温かい心で桶を可愛がっていただけたら最高の喜びでございます。

大阪 藤井製桶所 上芝

最近の記事