味噌作りされる方は必見!!カビを発生させない3つのコツ

手作り味噌でカビを発生させない3つのコツ、とっても簡単です。

①大豆を煮たら、水を入れない事。

水を入れると仕込みみその水分活性が高くなり、カビが発生しやすくなります。

私の祖父の格言で「大豆は柔らかく炊け、味噌は少し固めに仕込め」っと言われておりました。

大豆を煮たら、水は入れなくても丁度良い固さのお味噌になります。

➁塩分濃度を下げない事。

仕込みみその塩分濃度を下げると、カビが発生しやすくなります。

仕込みみその塩分濃度は12~12.5%がおすすめです。

必要な塩の分量を計算するツールはこちら

③空気と触れないようにする事

みそは空気を非常に嫌がる食品です。

空気と触れるとカビが発生しやすくなります。

仕込んだ味噌の3割の重量の重石をして、空気と触れないようにしましょう。

3kgのチャック式袋を使用すると、空気をしっかり抜けるので

重石が必要ありません。

簡単に、手軽に、おしゃれに手作り味噌が楽しめます。

上の画像は、1kg仕込みました。

↑の画像は3㎏仕込まれたお客様の手作り味噌です。

まったくカビが生えておらず、良いお味噌になりました。

最近の記事