失敗しない玄米甘酒の作り方【麹だけ】簡単レシピ

麹職人が教える失敗しない【炊飯器】で作る甘酒の作り方

ご自宅で甘酒を作るのでしたら、美味しくて体に良い甘酒を作りたいですよね??

マルカワみその麹は、全て農薬、化学肥料不使用で日本で最高級の原料を使用しております。

玄米は、残留農薬のリスクが高くなりますので 必ず農薬不使用の玄米麹をお使いくださいませ。

用意する物

有機玄米麹 500g ※冷凍してある場合は、解凍してからお使いください。

白米麹でも甘酒は出来ます。レシピは同じです。

玄米麹を使う場合は、残留農薬のリスクが高くなりますので 必ず農薬不使用の玄米麹をお使いくださいませ。

水 550cc

炊飯器 1台

1,炊飯器に玄米麹500gと水550ccを入れ、保温ボタンを押しましょう。

ここでのポイントは『炊飯』ボタンを押さないこと

 2,炊飯器の蓋を開けたまま、濡れ布巾を被せ、軽く蓋をします。(半開き)

炊飯器の蓋をすると、甘酒の温度が70度以上になり麹菌が死んでしまいます。

3,<4時間後・・・>麹が均一に発酵するよう、一度かき混ぜます。

4、かき混ぜたあと、さらに4時間保温したら、甘酒の完成です。

※上部の方は色合いが濃くなる傾向にありますが、品質には問題ありません。

5,<長期保存の方法>
できあがった甘酒を小鍋に移し替えて火にかけ、ひと煮立ちさせます(火入れといいます。)

火入れしないと、甘酒を作った日から3日までが賞味期限になります。

6,できあがった甘酒は冷蔵庫で保管します。火入れした甘酒の賞味期限は2週間~1ヶ月ほどです。

【甘酒のお召し上がり方】

甘酒はとても甘味がありますので、お好みで約1.5~2倍に薄めてご飲食ください。

無調整豆乳で割るのをおすすめします。

甘酒作るときにしてはいけない2つの事!

①麹を入れたら、品温は70度以上に上げない事!

麹菌が死んで、甘くない甘酒になってしまいます。

➁甘酒の糖化させるため、品温は58~60度をキープする事!

低すぎても甘くならず、固い麹の粒が残ります。

マルカワみそは、お客様に喜んで頂けますように日々一生懸命、麹作り、甘酒作り、味噌作りに励んでおります。

少しでも弊社の商品がお客様の健康に貢献できたら幸せです。

今後ともよろしくお願いいたします。

分からない事がございましたら、ご連絡お待ちしております。

手作り甘酒初心者の方は、全力でサポートいたします。

You Tube動画で解説

You Tubeで分かりやすく、玄米甘酒の作り方を解説致しました↓

マルカワみそ株式会社 
     
〒915-0006 福井県越前市杉崎町12-62
   Mail:  info@marukawamiso.com
   Tel:0778-27-2111(平日8時30分~17時)
     Fax:0778-27-2877

この記事は 河崎紘徳(かわさきひろのり) が書きました
2007年マルカワみそ入社。
2015年福井県最年少でみそ一級技能士合格(国家資格である技能検定制度)
味噌屋の息子として産まれ、世の中の方々に有機のみそ、自然栽培のみその
”素晴らしさ”、”美味しさ”、”楽しさ”を
広めていくのが私の使命だと思い、お客様のため一生懸命、麹作り、甘酒作り、味噌作りに励んでおります。

最近の記事