マルカワみそは、信頼できるショップとしてGoogleに選ばれた認定ショップです。
閉じる
賞味期限
3週間
保管方法
要冷蔵(10℃以下保管)
原材料
・農薬・化学肥料不使用大豆
・平成26年度北海道

農薬・化学肥料不使用の豆麹

北海道の大地で育てた蔵つき農薬・化学肥料不使用豆麹

国産の農薬・化学肥料不使用大豆を蔵つき麹菌を使って豆麹に仕上げました

只今、品切れ中となっております。

送料について

北海道の大地で育てた蔵つき農薬・化学肥料不使用豆麹

農薬・化学肥料を使用せず栽培された全国でも珍しい豆麹

マルカワみその豆麹

市販のスーパーやネットショプでも米麹はしばしば販売されていることがございますが、豆麹を販売している蔵元さんは希少でございます。

また、素材となる原料は国産の農薬・化学肥料を使用せず栽培された原料を使用しております。醸造技術が豊富なマルカワみそだからこそ出来る豆麹でございます。

日本で消費されてる大豆のうち、国産の農薬・化学肥料不使用大豆の割合は0.43%でございます。銀行の金利よりも少ないこの希少な大豆を豆麹に仕上げました。

素材となる原料は国産の農薬・化学肥料不使用大豆と雪国福井の雪解け地下水を使用。そして、マルカワみそオリジナルの蔵付き麹菌を仕込み醸造しております。

マルカワみその職人技の豆麹

麹の菌

マルカワみその豆麹は麹を作る時に従来の米麹を造る温度より、豆麹の麹菌がしっかり育ちやすいように、丁寧に温度管理と手間をかけて作り上げます。

そんな、愛情と手間がかかった豆麹は金山寺味噌やおかずみそ、または、豆味噌作りに最適でございます。

豆味噌の作り方

/

豆味噌の作り方は非常に簡単。豆味噌と食塩水を混ぜるだけです。詳しい豆味噌の作り方については『豆味噌の作り方』をご覧ください。

マルカワみその豆麹は麹の力が強い生麹

/

マルカワみその麹は生の麹のため、醗酵の力が強いのですが、麹の保存を考えると乾燥麹より日持ちがしにくいカタチになります。

マルカワみそでは麹の保存方法を購入前に確認すると、麹の取り扱いがプロ並みになりますし、より美味しい発酵食品に仕上がります。

お客様の声 VOICE
caco

麦味噌を作りました!

先日初めて麦味噌を作りました。食べ頃になるまでは時間がかかりますが、楽しみに待ちたいと思います。またほぼ毎日甘酒も飲んでおり、自然な甘さで美味しいです!
中村静子

今年もマルカワみそさんの麹で味噌を仕込みました。

予定通り麹が届き 豆味噌、米味噌、塩麹を仕込みました。
HPの味噌づくり手順いつも心強い味方です。
大豆は神奈川県産の津久井在来大豆を使っています。香り立つおいしい大豆です。

もち麩 美味しいです お麩大好きなのでおいしいお麩に出会え幸いです。
おつゆ麩もきっと美味しいことでしょう楽しみです。

来年も元気で味噌づくりができるよう味噌を使った料理をしっかり食べて健康に過ごそうと思っております。

麹をお届けくださるマルカワみそさんに感謝
よっさん

二度目の味噌作りです。

今年も良い材料を提供していただきありがとうございます。

出来上がりが楽しみです。
ボケボケけこりん

お味噌、塩麹、醤を作りました

品切れの商品があったので全部揃ってからの配達をお願いしました。対応もすごく親切で商品が届くのもワクワクしました。
お味噌作りは2回目で、マルカワさんの材料は初めてでした。
麹と塩が混ざっていたので楽でした。これから1年くらい変化していく味噌が楽しみです。
お味噌作りは、大豆のいい匂いに包まれて作るので幸せな気持ちになります。
塩麹はよく作るのですか、こちらも塩と麹が混ざってて水をいれるだけなので楽チンでした。
醤は初めて作るので、どんな感じになるのか楽しみです。
塩麹と醤は毎日混ぜ混ぜして出来上がるのが楽しみです。
打豆は、福井県出身なので大好きな商品です。
東京でも最近はちらほらスーパーでみかけるようになり嬉しくなります。
でも、福井県産はなかなかみないので、とても楽しみです。
これからも、どうぞよろしくお願いします。
さくら

味噌作り

毎年お世話になっております。
例年は大豆と米麹にて味噌を仕込んでおりますが、今年は豆麹を購入させて頂き、赤味噌にチャレンジいたしました。

味噌作りを始めてから一度ほど違うお店の材料を使用しましたが、マルカワさんの材料で仕込むのが仕上がりがとても美味しいです。
発酵途中に、たまり醤油が出たのも感動しました。
マルカワさんの材料は間違い無い商品なのであとは、仕込み具合です!!
今年初の赤味噌の仕上がりが今からとてもとても楽しみです。


藤井博美

子供と一緒にいやされます

2月2日に無事に届けて頂き、ありがとうございました。2月8日 無事に三種共仕込み終えました。
今年は麦味噌だけ黒千石豆で作りました。
大豆をつぶす時に、ナイロン袋に入れて、子供と足でふんでつぶしましたが、今年は慣れたもので早く仕上がりました。 足があたたかく、子供と楽しいひとときを楽しんでいます。何ともいやされます。
今年は海の精ではなく、粟國の塩で作りました。
どちらにしても、材料を選べるのは手作りならではのメリットです。
ここ山口県防府は、赤穂と共に江戸時代塩作りで栄えました。三田尻という所です。
今も塩田記念公園が残されていて、国内で唯一、誰の手助けもなく、一人で江戸時代のやり方で塩が作れる人が一人います。 その方法だと、やはり粟國の塩のようにミネラルのパーセンテージが多いようです。
防府は工場地帯になっていて、今は塩作りは、海が埋め立てられてしまっているのですが、 記念公園では赤穂にあるものより本格的な体験が出来るようになっているそうです。 子供が小学生一年の時から体験に行ってきました。
去年の暮れに、美健ガイド社さんの真弓定夫先生のマンガシリーズと味噌がテーマになっている「いつか母になるために」を身近な人々に贈りました。素晴らしい本ですヨネ。
正月明けに胃がつかれている時に味噌を先にすするとやはり胃が休まりました。
ちょっとしたことなんですけどありがたいです。

seiquita

手前味噌

ここ5,6年毎年仕込んでいる手前味噌。
できれば自然農、無理でもオーガニック、その上産地も考慮に入れたい為毎年納得のいくものを探すのに時間がかかります。今年はマルカワさんの生麹とさといらずで❗️
届いたその日に大豆を洗い、アドバイスの通り18時間強浸水してから豆を煮ました。
とてもいい感じに仕込めたのと、陶器の甕を使っているのに、表面をラップで覆う違和感を
越前和紙で解決できたので今年は格別に美味しく出来そうな氣がしています。
また、甘酒も作りました甘酒好きの息子のリクエストですが、白米麹だったので甘みが強く、
今度は玄米麹でトライしてみたいです。
豆麹手に入るのが購入の決め手だったもですが、豆味噌にするか浜納豆チャレンジできないか❓
などなどもうしばらく迷ってみます。
来年の冬、甕を開けるのが楽しみです。
折井

お味噌を仕込みました

今日、塩水に三日漬けた豆麹をミンサーで潰しました。教えていただいた方法だと水が少ないかな?と思ったのですが、来年が楽しみです。
あこ

仕上がりがとても楽しみです

今年初めて、豆味噌を作ってみようと思いました。
豆麹を売っているところがなかなか見つからずこちらにたどり着きましました。
手書きのメッセージも添えてあり、豆味噌の作り方まで丁寧に印刷されて同封されていました(^o^)
とてもわかりやすく、こちらのスタッフの方の商品への愛を感じました。

出来上がりの2年目まで本当に楽しみにしております(*´艸’*)♡
ありがとうございました!!
けいすけママ

手作り味噌

毎年大豆に麹を購入して味噌仕込みしてます。
さといらずの大豆は甘くてとても美味しいです。
今年は完売のようですがいつかはマルワカさんちの大豆で味噌仕込みしたいです。