マルカワみそは、信頼できるショップとしてGoogleに選ばれた認定ショップです。
閉じる
保管方法
直射日光を避け常温保管
原材料
国産楮(こうぞ)

人間国宝が漉いた手漉き和紙

人間国宝が漉いた手漉き和紙

人間国宝九代目・岩野市兵衛氏が漉いた手漉き和紙。漂白剤や化学物質不使用、越前和紙の伝統的製法と職人技で仕上げました。

  • 人間国宝が漉いた手漉き和紙 23cm×27cm (小)
    772 円
  • 人間国宝が漉いた手漉き和紙【特大4倍サイズ】45cm×55cm (大)
    2,778 円

※税込み

今ご注文すると11/22に発送予定です。
送料について

人間国宝が漉いた手漉き和紙

人間国宝 九代目・岩野市兵衛氏

人間国宝(国指定重要無形文化財保持者)の九代目・岩野市兵衛(いわのいちべえ)氏が漉いた手漉き和紙でございます。

芸術界の巨匠に愛された越前和紙

今は九代目人間国宝の岩野氏の和紙ですが、八代目人間国宝の岩野氏が漉いた和紙は世界的に有名な画家『ピカソ』が気に入って使用した歴史があります。

そんな芸術界の巨匠が惚れ込んだ職人芸や匠の業が光る和紙をお楽しみいただけたら幸いでございます。

手作り味噌の落とし布にオススメでございます。和紙はほどよい密閉性があり、特に手漉き和紙は他の和紙と比べ頑丈で、味噌作りに適した厚みもあります。もちろん、手紙を書いたり、別の用途で使用することもできます。

和紙によくある、漂白剤や添加物などを使わず、『こうぞ』と良質な水のみを使い、趣のある和紙に仕上げました。 今ではほとんど見かけなくなった、日本の紙の原点とも言える『和紙づくり』が忠実に再現されています。

数量は多くご用意できませんが、和紙のもつ温かさや素晴らしさが特徴でございます。

落とし布としての使い方

和紙の使い方をご紹介しております。お買い求めになる前や、お使いになる際にはぜひ参考にしてください。

和紙を水で濡らす

和紙を水に濡らしてご利用ください。今回ご用意した和紙は百円均一で売られているようなペラペラの和紙ではなく、繊維質でとても丈夫な和紙です。水に濡れたくらいで破れるようなものではございません。

水に濡らした後は、ぎゅっと軽く絞ってください。

あとは優しく和紙を広げて準備完了です。

桶に被せるようにおく

和紙は桶にかぶせるように置いてください。

和紙の寸法について

和紙の寸法については上の写真をご参考ください。

6キロタイプのものであれば「23cm×27cm」のサイズで覆うことができますが、20キロタイプの桶など大型のものを利用されるときは「特大4倍サイズ」がオススメです。

中央から端に空気を抜いていく

カビは味噌種が直接空気と触れることで発生しやすくなります。ここでは中央から和紙を味噌に密着させていき、外側に空気を抜いていきます。

特に端の部分は隙間ができやすいので丁寧に和紙を端側に密着させていってください。あとは中フタをしてオモリを乗せれば完成です。

実際に1年熟成させて使った事例

写真は、越前和紙を使って一年味噌をつけたものです。和紙はほどよい保湿性能、防カビ性能があり、一年経ったものでもご覧のようにきれいに仕上がります。

作っている岩野市兵衛先生の現場を訪問しました

実際に人間国宝の岩野市兵衛先生にお会いしました。詳細はブログに書きました。

非常に丁寧なモノ作りをされていました。

お客様の声 VOICE
ミエ

初めてお味噌を作りました

先日、和紙を注文させていただきました。
今年1月に初めてお味噌を仕込んだのですが、表面に敷いた和紙の上に白いカビが発生してしまい、和紙を取り替えようと思って注文いたしました。
発注の際、上記の状況を伝えたところ、スタッフの方がお電話をくださって
「今年1月に仕込んだなら、そろそろ食べ頃なので和紙は必要ないかもしれないですよ。」
といった旨の案内をしてくださり、また、私からお味噌についていくつか質問をした事にも丁寧に教えてくださいました。
商売という枠を越えた、真摯なご対応に心が温まりました。
ありがとうございました。

高橋

味噌つけおわりました

冬季限定仕込み味噌の甘口1㎏が試しに購入でしたが、思っていたより美味しくて、すぐなくなりました。
自然栽培の玄米麹はまだあけておりませんが、麦みそ(6キロ)がもう半分になてしまいました。
主人は味噌汁好きで、私はそんなに好きでも嫌いでも……という感じでしたが、
味噌汁ってこんなにおいしかった?と夫婦で飲む量が増え、当初の予定より早くなくなりそうで、
今回甘口と麦味噌、慌てて漬け込みました。 寒仕込みの量もふえそうです。

とても優しい味の味噌汁に夏冬関係なく(´▽`) ホッと癒されています。

福島浩一郎

何度目かな?

今回は麹と手すき和紙とお味噌を購入しました。
大豆は希望のものがなかったので他所で自然栽培の白い大豆を購入しました。
味噌は手作りなのですが木樽の容量の関係で必ず足りなくなるので
マルカワさんの味噌も一緒に購入しました。
現在年に2回味噌を仕込むのですが足りないので熟成期間を短くして3回仕込もうかと思っています。
毎回大豆と米麹はいろいろな種類を試して楽しんでおります。味噌作りは楽しいですね。
ちなみにうちのレシピは大豆1キロ、麹2.5キロ、塩360グラムでかなりの減塩味噌です。
これは祖母の頃からのレシピですがほとんどカビも生えずに出来上がります。


ミミミ

初味噌チャレンジ

購入前の質問にも丁寧にお返事いただき、安心できました。

粒のない、なめらかな味噌が好みの我が家。
圧力鍋でやわらかくした大豆を、強力ミキサーのバイタミックスでなめらかなペースト状にし(そのままだと刃が回らなかったので、水を少々足しました)、麹等と合わせたものを丸めて、味噌がめにペシペシ投げ入れる作業は、非常に楽しかったです。
最後に濡らした和紙で表面をぴっちり覆い、お店に教えていただいた通り、ジップロックに入れた塩を重石代わりに乗せて仕込み完了!
10ヶ月後を楽しみにしています。
(仕込んだこと、忘れないようにせねば!笑)


MELA

粗品ありがとうございました

美味しいお味噌を提供していただきありがとうございます。
友達から教えてもらって5年になります。
手漉き和紙を使ってから、カビも少なく助かっています。
毎年自慢のお味噌ができることを喜んでます。
同封していただいたもち麩もとても美味しくいただきました。お心遣いありがとうございました。

トラ&チャチャまま

初めて自分で味噌作り

3年前、友達に手作り味噌をいただき、初めてお味噌の美味しさを知り、次の年に味噌作りに参加させてもらいました。 しかし、県外のため作業も3日間と宿泊しなければならず、今年は諦めていました。 そして、ふとネットで検索したところマルカワさんを発見!
お客様の声を参考にチャレンジしてみようと決めました♪
写真付きの作り方や、ビデオでの作り方がとてもわかりやすく、なんとか仕込みも出来ました、
1年が待ち遠しいです♪



M・N

味噌作りは楽しい!

以前、鎌倉でマルカワさんの味噌作りに参加して生こうじの美味しさ、 社長さんのお人柄、お味噌への愛にとっても感銘を受け、 現在、北海道に引っ越しましたが今年もマルカワさんの生こうじでお味噌を作りたいと購入しました。
今回は和紙も初めて購入しましたが、ますます美味しいお味噌ができそうです。
使いすてがあたりまえのようになっている現在の日本でずっと伝統を守り続けて下さっているマルカワさんのようなお店は、本当に日本の宝物です。 本当にありがとうございます。
何より、味噌作りは楽しい!!と教えてくれたのがマルカワさんです!!

とし

二回目のお味噌作り

去年、こちらで注文して、作ってみました。
とても美味しくできました。
和紙も使わせてもらったら、
和紙と器の境目だけにカビが生えていて
和紙のすごさを実感しました。

今年はばたばたして
少し遅くなってしまいましたが、
麦味噌を作りたいと思い注文しました。

また、麹とぬかみそもあわせて
購入させて頂きました。
醬油麹とぬかみそが今からとても楽しみです。

M・Y

お味噌づくりにハマっています!

マルカワみその皆さまへ
昨シーズンから”次はぜひマルカワみそさんの自然栽培の大豆でお味噌を仕込みたい!!”と思っていたので、今シーズン(2月3日、4日)で自然栽培大豆+玄米麹6kg、有機栽培大豆+白米麹7kgを仕込みました。
お味噌を仕込むのは3回目ですが、手前味噌の素朴な味や、材料や工程がきちんと分かっている安心感、麹菌の働きを信じて待つ間のワクワク感などすっかりお味噌づくりにハマっています。
おすそ分けしても「売っているお味噌とは美味しさが違う!!」ととても喜んでもらえるので、仕込む量も年々増えています。

日本に伝わるこの素敵な”発酵の文化”である”味噌づくり”がどんどん広がっていったら良いなと思っています。

本日、自然栽培大豆に石が混ざっていたとのメールを頂きました。
返金してくださるとのことですが、大豆を洗っていても、全く気づきませんでした。
かなり念入りに洗ったため、私の家に届いた中には石はなかったように思います。
せっかく仕込んだお味噌なので私の責任で出来上がりまで待ってみたいと思います。
農家さんも検品などが不十分だった点は良くなかったと思いますが、台風で被害が出て大変だったと思いますし、これからも貴重な自然栽培の大豆をつくっていただきたいなと思いますので、返金の必要はありませんので予定通り農家さんにお支払い頂いたらと思います。
ご連絡ありがとうございました☺

カッシー

お味噌を作りました

購入した材料でお味噌を作りました。

かめに詰め、購入した和紙で覆ったのですが、
乾いたままの和紙で覆いましたが、
和紙を水で濡らしたほうが良かったのでしょうか?