福井新聞 文化・生活欄にてご紹介いただきました

10月18日発刊の福井新聞 文化・生活欄にて「食は福井にあり」というタイトルで、フードジャーナリスト・食文化研究家の向笠千恵子さんにマルカワみそをご紹介いただきました。

fukuisinbun_20161018

全国各地にある多様なお味噌を味噌自慢=「手前味噌」として、福井もまた味噌自慢の県であり、その中でマルカワみそを取り上げてくださいました。

米農家から麹屋へ、味噌を”買う”時代に入ったのを機に味噌屋に転進し、創業102年。
日本」「ヴィバルディ」といった、有機栽培の原料を使用し、自家採種した麹菌を用い、伝統的な木桶仕込みで10ヶ月間熟成させた弊社のお味噌や取り組みについて掲載されております。
よろしければご一読くださいませ。

この記事は 河崎紘徳(かわさきひろのり) が書きました
2007年マルカワみそ入社。
2015年福井県最年少でみそ一級技能士合格(国家資格である技能検定制度)
味噌屋の息子として産まれ、世の中の方々に有機のみそ、自然栽培のみその
”素晴らしさ”、”美味しさ”、”楽しさ”を
広めていくのが私の使命だと思い、お客様のため一生懸命、麹作り、甘酒作り、味噌作りに励んでおります。

最近の記事