簡単!便秘改善の効能がある”こうじ水”の作り方

皆さん、”こうじ水”ってご存知ですか??

こうじ水とは、米麹を冷蔵庫に一晩(約8時間)水に漬けて、麹の成分を抽出させた水のことです。

麹の原料となるのは、お米。

まず、お米を蒸して、麹菌をふりかけます。

そして、麹菌が繁殖しやすい温度と時間で製造すると、米麹が出来上がります。

米麹には普通の米には含まれなかった成分が約400種類も生み出されています。

(参考文献 麹と麹カビの話 小泉武夫著)

ちなみに小泉武夫さんは
『生命力もなく、もちろん思考性もなどもうとうない『酵素』という化合物のこの作用(=醗酵)は
まさに神の創造物とさえ考えさせられるほど神秘性と持った不思議な現象である』

とおっしゃっています。

蒸した米にコウジカビをふりかけるだけで、
こんなにいろんなことに使えるのは不思議というか、神秘の世界です。

こうじ水はもちろん無添加、植物性、そして、自然のゆったりとした優しい甘味。

…イメージするだけでうれしくなりますね。

こうじ水の効能 

①便秘改善

こうじ水は腸内環境も整えてくれます。

腸内に棲む細菌は100兆個以上、重さにすると2キロと言われております。

腸内細菌は、善玉菌・悪玉菌・日和見菌という3つに分類します。

発酵食品やこうじ水を摂取すると善玉菌が優勢になりやすいです。

美肌効果に、整腸効果、こうじ水は特に女性の方に摂って頂きたい発酵食品です。

25年も便秘で悩んでおり、お通じは6日に1回だった方でも

”こうじ水”を1週間飲み続けたら、徐々に改善したという例もあります。

➁美肌の効果

麹には化粧品でも使われるくらい美肌成分がございます。

美肌成分であるコウジ酸はシミの原因となるメラニンの活性化を予防してくれます。

私も子供の頃から良質な麹食品(味噌、甘酒など)を摂っていたためか、お肌がきれいと言っていただけます。(化粧水やお手入れというのは全くしておりません)

長男も良質な麹食品(味噌、甘酒など)を摂っております。

こうじ水を作るなら、玄米麹がおすすめ!!

こうじ水を作るなら、玄米麹がおすすめです。

玄米の胚芽部分には、白米にはない多量のビタミンB1、ビタミンEが含まれています。
ビタミンB1は、脚気かっけの予防改善効果が期待でき、ビタミンEには、抗酸化作用があるため、
アンチエイジングの効果が期待出来ます。

昔の人は、ぬかに非常に栄養素があるのを知っておりました。

ぬかという漢字は、米へんに健康の康と書きます。:糠(ぬか)

かすという漢字は、米へんに白と書きます。:粕

つまり

白米はカスです!!

玄米から、糠(ぬか)を取ってしまうと、粕(かす)になってしまうのです。

昔の人は、玄米に栄養がたくさんあるのを知っていたのです。

玄米麹を使う時に、注意する事!

玄米麹は、玄米の外皮が残っておりますので、残留農薬のリスクが高くなります。

玄米麹でこうじ水を作られる際には、農薬不使用もしくは有機の栽培方法が原料の
麹のご使用をおすすめします。

こうじ水の味、感想

甘酒よりすっきりとした甘さで、夏場の水分補給にぴったりです。

玄米麹から作ったこうじ水は、玄米独特の風味があり、白米麹で作ったこうじ水と比べるとやや甘味が弱いです。

こうじ水の作り方

麹を水に入れて、冷蔵庫で8時間置いておくだけ!

麹を水に入れる際は、お茶のパックに入れて使用しても、直接入れて使用しても問題ございません。

麹が気になる方は、茶こしでこしてからお飲みください。

こうじ水の飲み方、保存方法、賞味期限

こうじ水は、1日500mlを目安にお飲みいただければと思います。

保存時は、要冷蔵でお願い致します。

賞味期限は、作った日を含めて3日以内です。

月曜日にこうじ水をお作りになれた場合、水曜日中に使い切ってください。

使い終わった麹はどうすればいいのか?

①そのまま食べる

➁お米を炊くときに、一緒に入れて炊く

③お料理に入れる

④お茶パックなどに入れて、お風呂に入れる(こうじ水風呂が楽しめます)

マルカワみそはお客様に喜んで頂けるように毎日一生懸命、麹作り、甘酒作り、味噌作りを励んでおります。

少しでも弊社の商品がお客様の健康に貢献できますと、幸せでございます。

今後ともよろしくお願いいたします。わからない事がございましたら、ご連絡お待ちしております。

こうじ水作り初心者の方は、全力でサポートします。

私、河崎紘徳でよろしければ、こうじ水の作り方などお聞きくださいませ。

お客様が美味しいとおっしゃって頂けるために、

マルカワみその甘酒は、手を抜かず、余計な手を加えず、心を込めて作っております。

記事をご覧いただきありがとうございます。

全ての事に感謝!

マルカワみそ株式会社 
     
〒915-0006 福井県越前市杉崎町12-62
   Mail:  info@marukawamiso.com
   Tel:0778-27-2111(平日8時30分~17時)
     Fax:0778-27-2877

この記事を読まれた方は、以下の記事も読まれております。

味噌屋が教える美味しい塩麹(こうじ)の作り方

味噌屋のプロが教える美味しい醤油麹の作り方

麹だけ!簡単 甘酒の作り方!!

麹のプロが教える簡単三五八(さごはち)の作り方レシピ

簡単!米ぬかから作るぬか床の作り方

この記事は 河崎紘徳(かわさきひろのり) が書きました
2007年マルカワみそ入社。
2015年福井県最年少でみそ一級技能士合格(国家資格である技能検定制度)
味噌屋の息子として産まれ、世の中の方々に有機のみそ、自然栽培のみその
”素晴らしさ”、”美味しさ”、”楽しさ”を
広めていくのが私の使命だと思い、お客様のため一生懸命、麹作り、甘酒作り、味噌作りに励んでおります。

最近の記事