マルカワみそは、信頼できるショップとしてGoogleに選ばれた認定ショップです。
閉じる
塩分濃度
12.5%
麹歩合
8 歩 (麹歩合とは)
賞味期限
7ヶ月
保管方法
直射日光を避け、冷暗所保管
原材料
・自然栽培大豆(平成27年度北海道秋場さん)
・自然栽培玄米(平成27年度宮城県成澤さん)
・食塩(天日湖塩)
こちらの味噌について

蔵付き麹菌生味噌木桶仕込み天然醸造自然栽培地下水仕込み岩塩

自然栽培玄米みそ 玄人

自然栽培玄米みそ 玄人(くろうと)

自然栽培原料で仕込んだ玄米ならではの香りを楽しめる辛口みそ。特に玄米食の方にお勧めです。

  • 自然栽培玄米みそ 玄人(JAS無) 400g
    数量限定1,080 円 1,026 円

※税込み

只今、原料となる有機大豆の選別業者を有機JAS登録認定機関に申請していなかったことから、有機大豆が一般品となり、有機JASの表示ができなくなっております。何卒ご了承くださいませ。なお自然栽培の味噌であることに変わりはございません。

今ご注文すると06/28に発送予定です。
送料について

自然栽培玄米みそ 玄人(くろうと)


自然栽培の玄米と自然栽培の大豆で『玄米みそ』を作りました。

玄米食の玄米食の人による玄米食のためのお味噌ということで、特にマクロビアンの方にお勧めのお味噌です。

麹にはもちろん自家採種の蔵付き麹菌を使用しています。

食塩はモンゴルの岩塩でもある天日湖塩を使用しております。

玄人(くろうと)味噌はこんな方にオススメです

title=
  • 玄米食をされている方
  • 個性的なお味噌が好きな方
  • お味噌の香りが好きな方
  • 自然栽培のお味噌をお求めの方

私達がお味噌を作っています

title=

マルカワみそでは『作り手の温かさ』が味噌作りには大事だと思っております。

職人魂あふれる作り手さんをご紹介していきます。

仕込み人 河崎紘徳(かわさきひろのり)

title=

味噌屋の子として産まれ、産まれた時からお味噌が身近にありました。
味噌作りや発酵食品を娘のように育てていくことにやりがいと楽しさを感じており、マルカワみその心臓部ともいえる仕込み場を担っている工場長です。

職人魂あふれる仕事ぶりで発酵食品の道を極めようと、毎日元気にお味噌を仕込んでおります。

大豆生産者 秋場農園 秋場さん

title=

北海道の北見という、作物が育つ最北端の場所で大豆栽培を営んでいる篤農家さんです。

マルカワみその味は秋場さんの大豆がないと醸せないと言っても過言ではないくらい、大切な方です。

先々代から自然栽培をされており、『大自然の中で自分たちは生かされている』といった想いで大豆を栽培されている方です。

北海道に直接お伺いしてお話を聞いた記事もございます。

このようにステキな方が作られたからこそ、大地からの恵みのうま味が生きた大豆が採れます。

お米生産者 成澤農園 成澤さん

title=

宮城には成澤さんという生産者の方がいらっしゃいます。

名実ともに日本でもトップレベルの生産者ではないのか?と思うくらいの方です。

全国のお米の鑑評会で何回も賞を受賞しております。また、飯米や麹にした時の出来具合もいいです。

お子様のアトピーをきっかけに、子供に安全なお米を食べさせたい・・・という想いを持って米作りに励んでおります。

『自然界にある命や家族を大事に』そんなことを成澤さんからいつも感じます。

『玄人(くろうと)』と名付けた理由

title=

『玄人』と名付けたのには理由があります。

玄米食をされている方は、食に対して非常に高い意識をお持ちの方が多い傾向にあり、そんな食の玄人である方々にもぜひ召し上がって欲しいという想いから、このように名付けました。

『玄』という文字には、『赤、または黄をふくむ黒色』という意味や『老荘思想で説く哲理。空間・時間を超越し、天地万象の根源となるもの』『微妙で奥深いこと。深遠なおもむき』などいろんな意味があります。

決して派手できらびやかではないのですが、じっくりと醸されている玄人好みの味噌、そんな意味合いがあります。

玄人みそを使ったレシピについて

title=

玄米味噌の特徴を活かしたお味噌の料理レシピをご紹介させていただきます。

玄米味噌は個性的なみそなので、みそ汁にした時に一番違いが分かります。
みそ汁関連の料理に最適なので、皆様も興味が有る方はぜひお試し下さい。

お客様の声 VOICE
片山 幸子

有機みそ 日本

最初はトータルヘルスデザインさんの通販で『有機みそ 日本』を購入させていただきました。
食べた時、『なんて美味しいの!』と驚き、以後、『有機みそ 日本』のリピーターとなりました。
最近、身体のことを考えて、お味噌汁を毎日食べていますが、『有機みそ 日本』以外の商品も食してみたくて、 今回初めてマルカワ味噌さんの通販サイトを利用させていただきました。
いろいろ食べ比べながら、今後もお味噌汁を続けていきたいと思っています。
また、お味噌作りを昔ながらの手法、昔ながらの材料を使ってされているところが素晴らしいです。
素晴らしい商品をありがとうございました。

長元光春

みそ料理

白和えに玄米みそを使いました。
フダン草と豆腐とニンジンとの相性がとても良くて美味しく食べました。

B

プレゼントを頂きありがとうございます

マルカワみそ様
思いがけないプレゼントを頂きありがとうございます。
日々“健康に暮らす”ことを自分なりに考えてもいるので、
送って頂いたプレゼントはどれもとても参考になるものでした。

何かの機会に友人にもすすめてみます。
ありがとうございます。

深澤靖子

手塩をかけて出来上がったお味噌に感謝

今年最初に買った本が「奇跡のシェフ」で、
P106に「限りなく自然に近い素材・工法の有機味噌」に出会い、すぐ注文致しました。

届くまでの待ち遠しかったこと!
割箸でチョッピリすくって口に入れたところ、思ったよりはしょっぱく感じましたが、
口の中いっぱいやさしい味がひろがりハッピーでした。

幼い頃育った家では、毎年ご近所の人達の支え合いで、
ひがん味噌といって3月に作り、4斗だるにふせ込みました。
私はかまどの火の番で妹は薪運びで、子どもは子どもなりに出来る仕事が与えられた
なつかしい思い出があります。

前橋に住むようになって退職してから、1月にハズと味噌作りをはじめました。
豆煮が2~3時間、さましてマッシャーでつきました。
でもさすがに老体には勝てず、作ることが出来なくなったのが最近です。
まさにタイミングよく本にめぐりあったわけです。
手塩をかけて出来上がったお味噌に感謝々々です。
みそ汁作りがさらに楽しくなった次第です。

S.O

とても美味しいです。

まだ、未来と白味噌しか使ってませんが・・・
お味噌汁が美味しくて、毎日作るようになりました。
玄米のご飯とお味噌汁だけでとても贅沢な感じで、
幸せ気分で楽しんでます。

美味しいお味噌に感謝です。

甘酒

動画でわかりやすく説明してくださったので、上手く甘酒を作ることができました。
文章だけより、動画がある方がわかりやすく、作ろうという気持ちになります。
とてもおいしかったです。

森田ふみこ

しょうゆ麹、塩麹について

お世話になります。
届いた生麹でさっそく塩麹、しょうゆ麹をレシピ通り作ってみましたが、
なかなか発酵してないようです。
今まではそれなりにできていたのになぜか今回初めてうまく行きません。
何がいけなかったのでしょうか?

上野 しをり

ぬか床を育てています。

たくさんの味噌、米ぬかなど購入させていただきました。
味噌づくりは1月くらいに仕込むのがよいと、友人から聞いたため、
先ず、ぬか床づくりから始めてみました。
塩や昆布もぬか床の素に入っていたため、後は水を足すだけという、
初心者にはありがたい配慮。
早速、おいしくお野菜が漬かりました。
酵母菌が生きている味がして、胃にも優しく、酸味が食欲をそそります。

水分の多い野菜を多く漬けているからか、だいぶ水気がまし、
最近は少し産膜酵母が増えすぎているような香りがするため、塩を足して様子見中です。
ぬか床づくりで、香りに変化が出てきたときの対処方法を教えていただけるとありがたいです。

味噌はとても美味しいです。市販のお味噌よりしっかり大豆の味わいがあります。

どうしても、仕事のある平日は気持ちにゆとりがなく、食事もおろそかになりがちなのですが、
せめて、ごはんと美味しいお味噌汁は体のためにもしっかり継続していこうと思います。

今日は、東京で河崎さんと石山さん(自然栽培米の)のセミナーに参加させていただきました。
貴重なお話を聞くことができ、改めて食生活への意識を高める機会になりました。

また、河内さん創業の「ナチュラルハーモニー」にも出品されていることを、本日、知りました。
これからも真心のこもった商品にお世話になると思います。
よろしくお願いいたします。

おためし味噌セットで楽しんでいます。

初めてKAZUさんのビデオでマルカワさんのお味噌を拝見した時は、
値段だけを聞いて「高い!」、と思いました。
しかし、自分で味噌を作っていた時のコストを計算すると、
スーパーで売っているものが何でこんなに安く売られるのか、と疑問を感じ、
また、スーパーの仕入れにより好みのお味噌が入らなくなる不都合さが嫌で、
製造をしている会社からの購入を考えました。

玄米味噌も購入致しましたが、味噌を合わせる楽しみが先んじて”お試し…”で遊んでいます。
食事の形態は和食+洋風総菜と言う典型的な日本人の食卓です。
洋風が多くなると発酵食品がチーズ以外に無くなってしまうので、お味噌を活用しています。

”お試し味噌セット”は、ご飯に葱と合わせて乗せたり、
お味噌汁(具を出汁でサッと煮てお椀で味噌を溶いています)にしたり、
ドレッシングに入れたりしています。
もともとお醤油よりお味噌の風味が好きなので、楽しんで試みています。
5種類は夫々に美味しいのですが、ヴィヴァルディが梅ジャムと合わせたり、
マヨネーズに入れたりすると使い易く、一番気に入りました。

叉焼用の肩ロースの肉を味噌を主体にジャム、純米酒、その他手持ちの調味料と一緒に
2日程浸け込んでから焼いていますが、サンドイッチにもご飯にも合うので気に入っています。
実際に叉焼を食卓に出す時に、味噌と梅ジャムを合わせたものを添えたりすると見た目も風味も良くなります。
甘酒を購入した際に頂いたお味噌が良い香りだったので収穫したばかりの生姜の味噌漬けに使っています。
もう少し漬けておきたいので、味見はこれからです。

住んで居る町では今柚子の季節ですので、柚子味噌も作ってみたい、と思っています。

お味噌の味はクッキーやパンに入れても美味しいし、堪らない魅力を感じます。
この円やかな味は発酵食品文化を持っている人達だけが楽しめる、
豊かな微生物の働きかな、と感心します。
今回は買い求めませんでしたが、花弁もちや柏餅の味噌餡が大好きなので、
白みそを次回購入する楽しみにしています。

A・K

玄米みそが自分たちの一番のお気に入りになりました。

いくつかマルカワさんのおみそをいただいて 玄米みそが自分たちの一番のお気に入りになりました。
だしを加えず、おみそのみで、みそ汁をいただいていて美味しいです。

そして今まで自然食品の店でこうじを購入して甘酒をつくって満足していましたが、 マルカワさんのこうじの甘酒はひと味違いました。
ありがとうございます。がんばってください!!