お味噌に出てきた白いカビのようなものは何ですか?

お味噌に出てきた白いカビみたいなものは、産膜酵母(さんまくこうぼ)と呼ばれるものです。
耐塩性と好気性を持つのが特徴です。そのため、空気に触れている表面の一部にでてきます。
また、産膜酵母が増えると、独特の変な臭い(シンナー臭)がします。
食べられないことはないですが、きつい臭いがするため、その部分は取り除くことをお勧めします。

また、白い結晶みたいなものが、お味噌についていることがありますが、
これはチロシンといって、アミノ酸の一種です。
長期熟成されている証拠であり、お味噌の麹の力が高いと出来るといわれています。
チロシンはカビとは異なり、お味噌の成分のひとつですので、取り除く必要はございません。
ただ、気になる方は、取り除いてください。

チロシン↓

最近の記事